1時間目-19:00〜20:00

1時間目は自習スタイルとなります。

1週間勉強してきたこと、着手してきたことでわからないことを解消する時間となります。

行うこと①「パートナーを組む」

2人1組となり、わからないところを教えあっていきます。

パートナーの決め方は、講義参加時に講師に進捗を報告し、パートナーとして組む方を選定いたします。

できるだけ、前回と同じ人と組まないようにしていきましょう。

組んだ時に、気があったり、方針の合致があれば、講義時間外に連絡し合い連携してビジネスを進めていただければと思います。

行うこと②「わからないところを教え合う」

わからないところを教え合うようお願い致します。

  1. WordPress動画を見て、わからないところはなかったか?
    1. 1th_Stage基本的な操作方法
  2. 動画以外で、わからないところはないか?
  3. ビジネスを進める上で、どうしたらいいか、意見の聞き取り

行うこと③「講師にわからないところを確認」

パートナー間でも、問題が解決しない場合、講師に質問をお願い致します。

基本は、巡回していますので、手が空いていれば気軽にお声がけください。

 

2時間目-20:00〜21:00

2時間目は、講師からの講義を行います。

画面共有時にZOOMというオンラインツールを利用しますので、事前にインストールをお願い致します。

ZOOMインストールはこちら

20:00〜20:30「WP講義」

ZOOMで画面共有をしながら、講義形式でお伝えします。

20:30〜21:00「WP講義内容を実践」

講義で行なった内容を、実際に着手していただきます。

 

3時間目-21:00〜22:00

3時間目はグループディスカッションを行います。

3〜4人1組のチームを組み下記の内容を行なっていただきます。

行うこと①「題材を決める」

題材となる方を決める

グループの中から1名の方のビジネスを題材に意見交換をしていきます。

そのため、題材になる1人を決めてください。

※毎週同じ方にならないようにしてください。

ディスカッションの内容を決める

下記の中から、ディスカッションする内容を決めてください。

  1. 商品設計(本日はこちらを全員行います!)
  2. SWOT分析
  3. 告知方法
  4. カスタマージャーニーマップの設定
  5. 困っている人から商品を設計する
  6. その他

時間に余るようであれば、複数着手していただいても構いません。

inputとoutputを大量にすることが重要になります!

行うこと②「ディスカッションの準備」

下記のスプレットシートを開き、意見交換する準備をお願いします。

行うこと③「ディスカッション開始」

着手方法

  1. アイデアをスプレッドシートへ入力(5分〜10分程度)
    1. 商品設計(本日はこちらを全員行います!)
    2. SWOT分析
    3. 告知方法
    4. カスタマージャーニーマップの設定
    5. 困っている人から商品を設計する
  2. 入力後、そのアイデアの理由を一人一人説明していく
  3. 題材となる方は、意見に対しての気持ち、考えを伝える
  4. 「1」「2」「3」の意見を聞き取りしたのち、改めてアイデアをスプレッドシートへ入力
  5. 入力後、アイデアの理由を一人一人説明していく

基本は上記の繰り返しです。

あまり考え過ぎず、アイデアを出していくことが重要です。

また、注意点としてはこの段階では相手の意見を否定しないことです。

アイデアを大量に出していき、アイデアとアイデアを掛け算することで、新しい発想が生まれていきます。

そしてイノベーションが生まれていきます。

行うこと④「連絡のやりとり」

講義が終わったら、連絡のやりとりを行なってください。

  • LINE交換
  • Facebookへ友達申請
  • twitterアカウントのフォロー

講義終了後

講義終了後、30分間片付けの時間がありますので、その時間はみんなで残って、話し合いをしていっても構いません。

繋がり、意見交換、有力な情報交換ができる仲間を増やすことが、ビジネス成功の大きな鍵となります。

 

タイムスケジュール

講義タイムスケジュール

時間 内容タイトル 詳細
19:00  自習、質疑応答
19:10
19:20
19:30
19:40
19:50
20:00  WP講義
20:10
20:20
20:30
20:40
20:50
21:00  グループディスカッションタイム
21:10
21:20
21:30
21:40
21:50
22:00

最後に

このカリキュラムは毎週変更していきます。

できるだけ高速でPDCAを回していき、誰でも成果が出やすい内容にしていけたらと思っています。

よろしくお願い致します。

WEBマネージャー
石川