「未来は自分の力で変えられる!」
子供の頃はそう思っていました。

16歳の時から飲食店のスタッフとして20年近く一生懸命働いても責任とストレスが増幅する毎日…。。

気付いたら33歳。
収入は増えず、
自由などほど遠いい…。
未来なんて自分では変えられない…。

若い時、あんなに自分勝手だった自分も
社会に揉まれ、当たり障りのない性格へいつの間にか変わっていました。

僕はこのままでいいのか?
一生、ずっとこのまま籠の中の鳥のように
会社という牢獄に入ったまま
夢を実現することなく
自分に自信を持つことなく生きて行かなければいけないのか?

・・・

嫌だ

絶対に嫌だ

せめて自分の信じる、
納得のいくことをしたい!
自分が納得いくように生きたい!

そう思い、妻の反対を押切り
飲食店の社員は辞め
まずはアルバイトで生活費を稼ぎながら
空いた時間に副業から活動を始めました。

努力して得た技術に価値がある

副業活動をしていくと、自分の行ってきた努力は
決して無駄ではないことに
だんだん気付くようになっていきました。

社員時代は、自分の技術なんて大したことないから
もっとレベルを上げないといけない!
と、思い常に修行の毎日でした。

レベルを上げても上げても
ずっと自分を認めることができなかった。

ですが、外の世界で多くの方に出会うと
自分がもっている技術に価値があることに気付きました。

飲食業界内では普通のレベルであっても、
飲食業界以外の人からしたら
飲食人の普通は「普通ではない」のです。

例えば、私は千切りを見ないでもできます。
そんなの飲食業界の人で、かつ調理場の人だったら普通のことです。
ですがそれは全く普通ではなかったんです。

また、飲食時代に私を1番苦しめた事は
スタッフのマネージメント。
私は本当にスタッフのマネージメントが苦手で、ストレスで入院までしました。
入院から復帰をして、ピータードラッカーの本を読み、マネージメントの勉強をして、なんとか1人の店長として恥ずかしくない状態を作ることができました。

社員を辞めて副業活動をする中で
私の持っているスキルで
ダイレクトに評価されたの事は、実はこの苦手だったマネージメントの経験でした。
それは私にとって嬉しい誤算でもあり、そして自分の価値は自分では測れないことがはっきりと認識するきっかけとなりました。

講師活動の開始

実は講師活動は、副業(個人事業)として開始してから3年後のことです。
理由は私のクライアントでもある慶早進学塾の鴨井社長の影響です。

彼は自分の受験の経験をそのまま事業にしたのです。
鴨井の考え方と行動パターンを目の当たりにしていたため、自分も講師をやってみたいと思うようになり講師活動を開始しました。

いまでは年間に数百名の生徒様に
WEBの技術を中心にレクチャーさせていただいてます。

未来は自分の力で変えられる

私は「未来は自分の力で変えられる」と確信しています。
1度は未来に絶望したのですが、
絶望してしまった理由は自分自身の行動や考え方の方向性が少し間違えていたからです。

私がずっと逃げていたことは
「小さな失敗」です。

何かを行おうとしても
「失敗したら嫌だ」という気持ちから
行動に移すことができませんでした。

ですが、失敗しなければ
経験ができないので、結論
未来を自分の力で変える能力を身につけることができないのです。

講師として活動を開始した時、不安がとても多かったのですが
失敗を恐れず、一歩一歩前に進んだからこそ
今の自分があり、多くの生徒様と出会えたのです。

教室紹介

自己紹介が大変遅れました。

プロ講師育成スクール
Support Lounge
講師の石川竜清と申します。

私はいままで
WEBクリエイターとして数年間活動をしながら講師活動を行なってきました。

時代は常に変化をしています。
これからもずっと変わっていきます。
そんな時代にあった技術を中心に
これからもお届けしていきたいと考えております。

みなさまの今後の活動の武器になれば幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

プロ講師育成スクール
Support Lounge
石川竜清