飲食店がWEBから集客する流れ・戦略パターン解説!

個人の飲食店が売上アップのためにホームページを使ってWEB集客するにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は鉄板の集客の流れの全体像を数パターン解説していきます。

パターン1:公式LINEを使ったリピート戦略

まず、鉄板とも言えるLINEを使った戦略を解説していきます!

LINEは主にリピートしてもらうために使う媒体です。

とても簡単ですので、必ず取り入れて実践していきましょう!

WEB集客大枠

  1. 公式LINEの会員を集める
    • 店頭に公式LINEのQRコードを貼り、道を流れていくお客さんが公式LINEに登録できるようにする
    • 店内にいるお客様にも、例えばレジの時に公式LINEの登録をしてもらうようにする
  2. 公式LINEを使いお客様に定期的に情報を送る
    • 新メニューの情報
    • イベント情報
    • 料理を作って出来上がるまでの動画を送る
    • クーポーンを送る
    • 紹介キャンペーン
    • スタッフ紹介や社長からのコメントなど
    • お客様アンケート
    • ホームページの中にある各種情報などを見てもらう
  3. LINEを見たお客様が再来店してもらう

LINEは定期的に情報を送っていくことにより、お客様がお店を思い出してくれます。

そうすることにより、再来店に繋がります。

1日数回送ると嫌がられてしまいますので、3日に1度、あるいは1週間に1度のペースくらいがちょうど良いかと思います。

予約投稿もできますので、ぜひコツコツ続けていきましょう!

パターン2:ホームページを使った新規集客

ホームページはLINEと違い、広範囲も含めた新規のお客様に来店してもらうために必要な媒体です。

例えば新規店舗の立ち上げの際に、お客様が来店前に詳しい内容を知るためには必ず必要です。

既存の飲食店の場合、最優先は公式LINE中心の戦略ですが、新店舗の場合はチラシと同時に必ずホームページを作って来店前のお客様にお店を認知をしてもらいましょう!

WEB集客大枠

  1. ホームページの「認知」経路
    • Google検索:例えば「富士見ヶ丘 パスタ」などのキーワード
    • チラシのQRコードなど
    • 知人からの情報で店舗名でGoogle検索
    • SNSでホームページの情報を載せる(飲食店はインスタが特に有利です)
    • Googleマイビジネス
  2. ホームページの観覧の流れ
    1. 料理の写真を見る
    2. 価格を見る
    3. 店内の雰囲気を確認
    4. 他のお客さんのレビュー
    5. お店の場所の確認
    6. 収容人数の確認
    7. 予約ができるかなども確認
    8. コロナ対策も確認
    9. スタッフの情報を見る方も多いです
  3. 数日後に来店

※ホームページを見た人にも、公式LINEに登録してもらうような状態にするとさらに来店確率が増えます。

その他、必ず行うべき飲食店の鉄板ルート

ホームページや公式LINE意外にも、他社の集客用のホームページを利用して集客を行いましょう。

  • 食べログ
  • Googleマイビジネス
  • ぐるなび
  • ホットペッパー

特に食べログは無料の範囲で必ず行った方がよいです。
少なからず新規集客に繋がります。

また、Googleマイビジネスにも必ず店舗情報や写真なども必ず載せる様にしましょう。

まとめ

飲食店で1番大事なことはリピートと口コミ戦略です。

リピートしてもらえない飲食店が長続きすることはありません。

また、やれることは非常に多いので大変かもしれませんが是非継続して行っていきましょう!

必ず売上がアップしていくはずです!